イメージ画像

神奈川県在住のお客様のために
迅速でリーズナブルな適合証明審査を心がけています。

                                      フラット35適合証明審査のレポートはコチラ

長く続いてきた超低金利の時代が終わろうとしています。
今後は金利は上がることはあっても下がることは無いだろうといわれています。
短期の金利よりも、長期の固定金利で安心を得たいとお考えの方には、フラット35がおススメです。

当サイトでは、神奈川県内にお住まいの中古住宅購入希望の方にフラット35の適合証明をおススメしています。
迅速でリーズナブルな審査を心がけております。
不明なことなど遠慮なくお問い合わせください。



フラット35の審査は無料で行います!

審査をクリアーして適合証明書が発行できる場合のみ手数料を頂きます。

ご検討中の物件がフラット35に全て適合するとは限りません。
当然審査の過程で基準に満たない場合もございます。
審査の過程でフラット35の基準をクリアーできないことが判明した時点で審査は終了いたします。
この場合には、審査手数料は頂きませんのでご安心ください!

お客様がせっかくフラット35の利用を思い立っても、審査費用で二の足を踏むのは勿体無い事だと私たちは考えます。
適用が可能か否かは審査をして見なければ判りません。
書類はそのために必要ですし、現地確認をしなければ判らないこともございます。

後述には、基本的なフローを示してありますが、
必要書類や技術的なことなど、不明なことは全て承りますし、
不適合の場合では手数料は頂きませんので、ご安心ください!

まずご一報を!(携帯電話が一番早いですのでお急ぎなら下記の番号より遠慮なくどうぞ)



フラット35を利用して中古住宅を購入するときの適合審査のプロセス

マンションの場合

 step 1 審査依頼

メール又は電話でお問い合わせ

無料

当サイト「フラット35適合証明 申込み・お問い合わせフォーム」より、必要事項を記入の上メールを送信願います。
お急ぎなら電話連絡でも結構です。
電話からの申込み・お問い合わせは  090-8689-1306

引き続き、審査に必要な書類の写しを送信していただきます。
お送りいただいた書類で事前診断を行います
必要書類は、ご依頼の物件が本審査を受けることが可能か否かの判断に不可欠です。
書類の詳細は下記を参照ください。

なお、審査に関する疑問点等のお問い合わせも、
フラット35適合証明 申込み・お問い合わせフォームからどうぞ。
折り返しご連絡を差し上げます。
 step 2 事前診断

無料
お送りいただいた「フラット35適合証明 申込み・お問い合わせフォーム」及び必要書類(建築確認済証の写し等の書類)にて事前診断の書類審査を行います。
書類審査の結果をご報告いたします。
書類審査において不適合の場合には、フラット35のご利用は出来ません。
 step 3 適合証明審査申込み

無料
ここからフラット35適合証明の本審査に入ります。必要書類は下記の①と②が必要です。
必要事項を記入の上、メール又はFAXで必要書類の写しを当方へ送付してください。
書類は住宅金融支援機構の専用書式が必要です。

①「中古住宅適合証明申請書」
②「中古住宅適合証明申請書類チェックリスト」

上記の書類は、コチラからダウンロードが可能です。
建築方式がプレハブ工法の場合には、別途書類が必要な場合がございます。
不明な点はお問い合わせください。
ダウンロード方法等のわからない方は、ご連絡ください。
 step 4 現地調査

無料
弊社の「適合証明技術者」による現地調査を行います。

フラット35の審査をご希望の場合は専有部内(住戸内)の調査が不要の為、鍵の手配等は不要です。
フラット35sの審査をご希望の場合は室内調査が必要ですので、現所有者(売主)様の承諾をいただいてください。
 step 5 適合証明書の交付

有料
審査のうえ、「フラット35適合証明申込書」に記載のご依頼される方の住所に

・中古住宅適合証明書(フラット35・財形住宅融資)[申請者控え用]
・中古住宅適合証明書(フラット35・財形住宅融資)[金融機関提出用]
・適合証明技術者証明書(写し)

の書類を送付いたします。

戸建ての場合

 step 1 審査依頼

メール又は電話でお問い合わせ

無料

当サイト「フラット35適合証明 申込み・お問い合わせフォーム」より、必要事項を記入の上メールを送信願います。
お急ぎなら電話連絡でも結構です。
電話からの申込み・お問い合わせは  090-8689-1306

引き続き、審査に必要な書類の写しを送信していただきます。
お送りいただいた書類で事前診断を行います
必要書類は、ご依頼の物件が本審査を受けることが可能か否かの判断に不可欠です。
書類の詳細は下記を参照ください。

なお、審査に関する疑問点等のお問い合わせも、
フラット35適合証明 申込み・お問い合わせフォームからどうぞ。
折り返しご連絡を差し上げます。
 step 2 事前診断

無料
お送りいただいた「フラット35適合証明 申込み・お問い合わせフォーム」及び必要書類(建築確認済証の写し等の書類)にて事前診断の書類審査を行います。
書類審査の結果をご報告いたします。
書類審査において不適合の場合には、フラット35のご利用は出来ません。
 step 3 適合証明審査申込み

無料
ここからフラット35適合証明の本審査に入ります。必要書類は下記の①と②が必要です。
必要事項を記入の上、メール又はFAXで必要書類の写しを当方へ送付してください。
書類は住宅金融支援機構の専用書式が必要です。

①「中古住宅適合証明申請書」
②「中古住宅適合証明申請書類チェックリスト」

上記の書類は、コチラからダウンロードが可能です。
建築方式がプレハブ工法の場合には、別途書類が必要な場合がございます。
不明な点はお問い合わせください。
ダウンロード方法等のわからない方は、ご連絡ください。
 step 4 現地調査

無料
弊社の「適合証明技術者」による現地調査を行います。

専有部内(住戸内)の調査が必要ですので、現所有者(売主)様の承諾をお願いします。
 step 5 適合証明書の交付

有料
審査のうえ、「フラット35適合証明申込書」に記載の住所に

・中古住宅適合証明書(フラット35・財形住宅融資)[申請者控え用]
・中古住宅適合証明書(フラット35・財形住宅融資)[金融機関提出用]
・適合証明技術者証明書(写し)

の書類を送付いたします。

必要書類

フラット35の適合証明本審査に先立ち、事前審査に必要な書類は下記のとおりです。
下記の書類は本審査の可否を判断するために不可欠です。
不明な点は、当サイト「フラット35適合証明 申込み・お問い合わせフォーム」にてお問い合わせください。
電話連絡でも結構です。


●マンションのフラット35適合証明に必要な書類
1.管理規約(細則は不要)
2.長期修繕計画表
3.建築確認済証、検査済証、又は台帳記載証明等
4.建物登記事項証明書(敷地権設定のない場合は土地分も)
5.販売図面、又は間取り図
6.フロア平面図(建物図面・パンフ等)
7.間口寸法のわかるもの(測量図・パンフ等)
8.建物各階平面・立面図等(旧耐震の場合)


●戸建てのフラット35適合証明に必要な書類
1.建物登記事項証明書
2.土地登記事項証明書
3.建築確認済証、検査済証、又は台帳記載証明等
4.販売図面、又は間取り図
5.間口寸法のわかるもの(測量図・パンフ等)
6.建築確認関係書類
7.設計図書


手数料

出来るだけお客様のご負担を軽減するためにリーズナブルな手数料を設定しております。
下記の手数料に別途消費税が必要です。

     区 分    フラット35    フラット35S    フラット35S +
   リフォーム一体型
  新耐震マンション
S56年6月1日以降に確認申請が受理されたもの
    \40,000     \50,000     \100,000
  旧耐震マンション
S56年5月31日以前に確認申請が受理されたもの
    \50,000     \60,000     \110,000
  新耐震 戸建て
S56年6月1日以降に確認申請が受理されたもの
    \50,000     \60,000     \110,000
  旧耐震 戸建て
S56年5月31日以前に確認申請が受理されたもの
    \70,000     \80,000     
神奈川県以外の調査対象物件につきましては別途「調査行程費用」がかかります。

2020年03月2日 改定

リフォーム一体型では、リフォーム費用も融資の対象とすることが出来ます。
フラット35s へのランクアップ工事も対象になりますので、そのような場合にはお問い合わせください。

フラット35適合証明 申込み・お問い合わせ

     専用フォームからの申込み・お問い合わせはコチラ
     電話からの申込み・お問い合わせは  090-8689-1306

サブコンテンツ

このページの先頭へ